楽曲紹介

facebook

twitter

mail

 

 1990年8月9日、ストックホルム生まれ。父親は名優ステラン・スカルスガルド(『孤島の王』「マイティ・ソー」シリーズ)で、アレキサンダー・スカスルガルド(『バトルシップ』『ザ・イースト』)、グスタフ・スカルスガルド(『コン・ティキ』)は実の兄。10歳で“White Water Fury”(2000/未)で長編映画デビューをはたし、ヤン・ギィユー原作の歴史小説の映画化作品“Arn: The Kingdom at Road’s End”(2008/未)で父、兄のグスタフと共演した。2009年にストックホルムの名門校、セードラ・ラテン・ギムナジウムを卒業。大学進学はせず父のあとを追うように本格的に俳優の道へ進む。11年、ベルリン国際映画祭でヨーロッパ期待の若手俳優としてシューティング・スターに選出。その後はジョー・ライト監督の『アンナ・カレーニナ』(2012)、ノルウェーの国民的作家、クヌート・ハムスンの小説が原作のノルウェー映画“Victoria”(2013/未)など、国外にも活躍の場を広げている。

 1983年7月7日、スウェーデン西部、イェーテボリ近郊のウッデヴァラ生まれ。15歳で“Love Fools”(1998/未)でデビュー。2003年には児童文学作家アニカ・トールの小説が原作の「海の島」シリーズ(邦訳は菱木晃子訳、新宿書房刊行)のテレビドラマ化作品で演 じたのをはじめ、30作品以上の映画やテレビドラマに出演している。08年、イェーテボリ大学音楽演劇学部を卒業。同年、ヤン・ギィユー原作の歴史小説の映画化作品“Arn: The Kingdom at Road’s End”(未)では、ビル・スカルスガルドと共演。そのほか、スウェーデンのミステリのテレビドラマシリーズ「スウェーデン警察クルト・ヴァランダー」でもいくつかのエピソードに出演している(彼が出演するエピソードは日本未放映)。アンドレアス・エーマン監督の最新作“Remake”(2014/未)では主演を務める。

 1985年6月12日、スウェーデン中部、ダーラナ地方のファールンで生まれる。9歳の時にある情報番組に出演したことをきっかけに、演技に興味をもつようになる。演劇を学ぶため19歳でストックホルムに移った後、スウェーデンの民放のコメディ番組“Raj Raj” (2007)でレバノン生まれのコメディエンヌ、ヌール・エル-レファイ(Nour El-Refai)とのコンビで制作、出演した。そのほか、コメディエンヌとして多くのテレビ番組でホスト役を務めている。映画俳優としては04年にマリア・ブロム監督のコメディ“Dalecarlians”(未)でデビュー、本作のイェニファー役で初の長編映画ヒロイン役を務め、スウェーデンアカデミー(グルドバッゲ)賞助演女優賞にノミネート。最新作はコリン・ナトリー監督 (『太陽の誘い』『ゴシップ』)の“The Medicin” (2014/未)。映画以外ではスウェーデンの大手スーパーマーケットチェーンのCMに出演、国立劇場などの舞台でも活躍している。

 1987年2月15日、ストックホルム郊外のテービィ生まれ。10歳の時に、アバのビョルン・ウルヴァース、ベニー・アンダーソンによるミュージカル “Kristina”(1997-1999)のメッタ役でプロデビューをはたす。その後、ミュージカル“アニー”に出演。2001年にアメリカの児童文学作家パム・コンラッドの小説が原作の“Stonewords: a ghost story”のスウェーデンテレビ(SVT)によるドラマ化作品で俳優として本格的にデビューした後、本作で長編劇映画初出演をはたした。03年にヴィクトル・リドベルイ・ギムナジウムの歌唱コースに入学し06年卒業。最新作は“Studentfesten”(2013/未)。音楽フェスティバル等でバック・ボーカルを務めたり、自身で手がけた楽曲を発表したりもしている。女優業と並行して、経済学の学士号も取得。

 1960年3月17日生まれの女優、歌手。スウェーデン南東部のカルマル県ヴェステルヴィーク出身。ギムナジウム卒業後、インゲスンド国民高等学校の演劇コースに進む。1982年に女優としてデビュー。1987年から94年までストックホルムを拠点に活動した演劇集団「ヨードシルクス」(Jordcirkus)に在籍。その間92年には、児童文学作家アストリッド・リンドグレーン原作の短編小説「だいすきなおねえさま」の舞台化作品で、スウェーデン演劇批評家賞を受賞。テレビや映画への出演では2003年のウルフ・マルムロース監督によるコメディ映画“Slim Susie”(未)に出演、05年のテレビドラマ“Good Morning Children”では主演。また07年にはトマス・ヴィンターベア監督(『光のほうへ』『偽りなき者』)のコメディ“When a Man Comes Home”(未)にも出演している。12年にはタイを舞台にしたテレビドラマ“30 Degrees in February”でエミー賞主演女優賞にノミネート。

 1985年1月24日、スウェーデン北部のクラムフォッシュ生まれ。オンゲルマンランド地方の小村で育つ。16歳の時に観たポール・トーマス・アンダーソン監督の『マグノリア』(1999)に影響され映画の道を志し、その頃から大量の脚本執筆や短編映画、CM、ミュージックビデオの製作を手掛けた。2004年、ニューヨークのハンプトン国際映画祭で短編“Positive About Negatives”(未)が最優秀作品賞を受賞。07年にはテレビアニメーションのシリーズ“Myggan”に監督・脚本の一人として参加。その後09年のイェーテボリ国際映画祭においてスウェーデンで最も権威のある短編映画賞「スターツラッデン」(Startsladden)を“My Life as a Trailer”(未)で受賞。翌年本作で長編劇映画デビューをはたし、スウェーデンアカデミー(グルドバッゲ)賞最優秀作品賞にノミネートされるなど高評価を得た。その後、“Bitch Hug”(2012/未)、“Remake”(2014/未)でも脚本、監督を務める。

 1981年3月31日、スウェーデン人女優レーナ・スクーグとアメリカ人の父親の間に生まれる。スウェーデンの映画業界で最も期待されているプロデューサーの一人。国立映画大学(Dramatiska Institutet)に通いながら、29歳で初の長編映画となる本作を製作(当時、彼女は大学でも卒業作品として短編のゾンビ映画を製作中であった)。映画のほか、スウェーデンやアメリカなどの多くのアーティストのミュージックビデオ製作にも携わっている。2010年の夏には、舞台芸術、メディアで学士号を取得し卒業。アンドレアス・エーマン監督とは“Bitch Hug”(2012/未)、“Remake”(2014/未)でもタッグを組んでいる。

 1971年6月14日、ストックホルム生まれ。6歳で初めての脚本を書き上げる。ストックホルム大学で映画、演劇、文学を学び、また、ストックホルム映画学校、アムステルダムのマウリッツ・ビンガー・フィルム・インスティテュートでも学んだ。2006年に長編劇映画の脚本家として、同年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭でも上映された『太っちょ泥棒のラブライフ』でデビュー。07年にテレビアニメのシリーズ“Myggan”に脚本で参加、この時に本作のエーマン監督と出会った。製作、監督業もこなし、『シンプル・シモン』では警察官役も演じた。エーマン監督作品では“Bitch Hug”(2012/未)の脚本も手掛ける。2013年、スウェーデンテレビのクリスマスシーズン恒例となっているアドベントカレンダーの子ども向けドラマシリーズでは監督・脚本を担当したが、このドラマにはシモンのママ役のロッタ・テイレも出演している。

 1979年8月25日、スウェーデン中部のヴェッドエー生まれ。2006年、国立映画大学(Dramatiska Institutet)で音響学を専攻し卒業後、フリーの作曲家、サウンドデザイナーとして活動。ストックホルム在住。主にオーディオ制作やサウンドトラックなどの分野で活躍しており、本作ではオリジナル曲のスコアと音響効果を手掛ける。映画のほか、エレクトロラックスなどスウェーデンの著名企業のCMやPR映像などの音楽、サウンドも手がけている。2014年1月には仲間3人と共にストックホルム中心部のセーデルマルムにダンヴィーケン・スタジオを設立。